ニックネームvirgosupercluster
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年08月10日(月) 11時10分

サッカー

この技術を踏襲するのはゲルマン語派に限定しず、近隣の言語にも影響している。

calcioは元々「蹴る」という解釈の言語が移り変わりしたものである。

ヨーロッパの言語ではゲルマン語派に特徴的な表記方法であるが、これらの言語はボキャブラリー的に英語に近い(英語はゲルマン語派)ためドイツ語:ballと英語:ballのように言葉的な異なる点が全くない(発音は違う)か、あってもFußとfootのように相違がそれほど感じられない事例も多々ある。

さらに、スペイン語:balompiéという言語がある。

これらの言語は英語と言葉がかなり乖離しているためゲルマン系の言語とはフィーリングが大きく異なる。

イタリア語でカルチョと呼ぶのはストーリー的な要因がある為である。

フィンランド語やギリシャ語、アラビア語などが相当する。

英:footballをfoot(足)とball(ボール、球)に分解して、自身達の言語での訳語を各々当てはめる呼称の仕方が影響する。

オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、アイスランド語等がこれに相当する。

これはbalón(ボール)とpie(足)をまとめ合わせた語であるが、一部のクラブの名称としては使われるが、英語からの外来語のフトボル(fútbol)のほうが一般的である。

ドイツ語:Fußballが典型で、Fußがfootに、ballがballに相当する。

他にも、footballを外来語として用いる事が多いロマンス語の系統の中で、イタリア語が、この表記法に近い面を有する。



海外サッカー留学
この記事へのトラックバックURL
https://virgosupercluster.prtls.jp/tb/d_1f926ab7e48a0
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 10 月
23
45678910
111314151617
181920212324
25262728293031