ニックネームvirgosupercluster
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年07月08日(水) 19時06分

鍼灸

"手技においても安土桃山時代に御薗意斎が金や銀の鍼を木槌で叩いて打ち込む打鍼法や、江戸ご時世に盲人の杉山検校事杉山和一によって作られた管鍼法などがある。

特に杉山和一の影響は大きく、管鍼法は日本の多数派の技法になっており、日本の盲学校で鍼灸を教えるのは杉山和一が各所につくった鍼治学問所から発展したものである。

現在使われる金属の鍼は戦国時代頃に作られ開始出来たといわれる。

鍼の元は石器ご時世の古代中国において発明された。

これが後に動物の骨を用いて作られた骨針、竹でできた竹針(箴)、陶器の破片でできた陶針などになっていった。

この鍼が黄河文明で向上した経絡のコンセプトや臓腑学(ぞうふがく)、陰陽論(いんようろん)などと結びついて鍼治療が確立していく。

以降、鍼師は医師などと共に日本の医療の中核を担っていく。

また、日本独自の鍼の発展として、984年に丹波康頼によって編纂された日本最古の医学書『医心方』を見ると鍼治療がその頃の中医学概念より簡便化されたものになっていることがみられる。

黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばれる最古の中医学理論のテキストの中に、その頃使われていた鍼を特色で9つに分類した古代九鍼が解説されている。

奈良ご時世の律令制において事前に鍼師(官職名としては針博士・針師)が医師、按摩師などと共に存在していた事が分かる。

砭石(へんせき)もしくは石鍼(いしばり、石針とも書く)とよばれるこの鍼の元は大抵膿などを破って出すのに使われた。

日本において鍼、灸、湯液などの中国医学概念は遣隋使や遣唐使などによってもたらされた。

"


ミルキーウェイ
この記事へのトラックバックURL
https://virgosupercluster.prtls.jp/tb/d_63531a6137e478c
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 10 月
23
45678910
111314151617
181920212324
25262728293031